富山経済情報.com

富山の経済・政治情報をはじめ、生活に役立つマメ知識をお届け。有志による勉強会、懇親会も開催しています。


PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

    スポンサードリンク

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【富山企業】 生産技術がとった民事再生法、協調融資とは?! 

踊るロボットCMの「生産技術」が民事再生を申請
(7月10日17時34分配信 ITmediaニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090710-00000068-zdn_n-sci
0711.jpg (←7/11 日経新聞朝刊 参照)
ロボット・産業機械レンタルの生産技術が再生法申請です。
負債総額は145億円~150億円で、北陸3県では今年最大との事。
今後再建を目指すとのこと。
CMがお馴染みでしたが、対法人の企業のはずなのにTV広告がやけに多かったなぁと。ポツリ。

で、ここで気になる言葉が『民事再生法』
別名『再建型倒産手続き』と言われ、
債務者が事業を継続しながら債務を弁済していきます。

つまり今回の生産技術の場合も、
経営者である堀辺峻雄氏が当面は運営するとの事。

生産技術の借入は『協調融資』という手法でした。
書くと長くなってしまうので、下にまとめましたが、
2004年頃から、”みずほ銀行”と”富山第一銀行”が中心に、都銀や地元地銀、信金などが融資団を形成
今年1月までの調達額は6回で約130億円に達していたとの事。

また同社には粉飾決算の疑いも浮上しているとのこと。
債権者向け説明会は7月20日(予定)。
今後もちょっと注目しておきたいと思います。

協調融資(シンジケートローン)
複数の金融機関が融資団を結成。
同一の条件、契約に基づいて融資を行う。
借りる企業:巨額な資金調達が可能
金融機関:1行あたりの融資額を減らしてリスクを分散できるメリット


にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ
↑1日1回応援のクリックを頂けると嬉しいです^^

資産運用の基礎知識を身につけたい方は、『”経済通”への道』 へ。
メルマガ版では日本、世界の経済ニュースをお届けmail8.gif   最新号はこちら006.gif

    スポンサードリンク

| 地元企業 業績 | 18:54 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

このニュースには、私も驚きました。ただ、業界内の評価は、一般的な知名度とギャップも大きく、常に?な会社でした。一般的な知名度はひょっとしたら不二越よりも高いかもしれませんが、実力では比べ物にならないでしょうし。

レンタルするにしても、最初の仕入額が半端なく大きく、回収するまでに時間がかかったのでしょうかね。意地悪な見方をすると、金策のためにCMを打っていたのかもしれませんし、銀行をCMでうまくだましたという見方をすれば、CMを打っていたのはなぜかという疑問も氷解します。

銀行も、これからはCMの知名度に依存せずに、自らの鑑識眼を磨いて、地道にがんばっている名もなき中小企業に融資して欲しいです。

| 友人N | 2009/07/11 20:33 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

<Nさん
すんません、コメントに気付くのが遅れました><

生産技術自体が技術が持っているというよりは、主力は産業機械のレンタルですよね?!
借入での自転車操業にも関わらず、あのCM回数。
謎が多い会社ですね。

「CMに影響されて、資金を貸し過ぎた」
なんて融資団は口が裂けても言えないと^^;

そもそも技術力があって、経営がしっかりしいれば倒産は無いはずです。
ビジネスモデル自体、すでに商売が成り立たないのかもしれません。
150億円もの借金をして会社を潰した経営者がそのまま経営を続けてもという思いがあります。

| shin | 2009/07/12 23:56 | URL |

生産技術は、いちおうメンテナンスや自分でソフトを組む能力はあったようです。いくらなんでも右から左では付加価値がなさすぎですから。私も取引があったわけではないので、はっきりしたことは分からないのですが。

身の回りの工場が総じてピンチなので、ビジネスモデルをよっぽどうまく考えないと難しい時代なのだと痛感させられます。どんどん設備投資して最新技術にキャッチアップして作れば売れる幸せな時代は完全に終わったのでしょう。

| 友人N | 2009/07/16 11:25 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

同じ”製造業”というくくりにはいますが、
機械(技術)の進歩は自動車や電機業界はすごいんだろうな~と。

技術革新を大手と同じフィールドでやっていかないといけないってのも
大変なことだと思います。
中小企業の苦境はなかなかニュースにはなりませんが、
お互い頑張っていきましょう^^;

| shin | 2009/07/17 00:57 | URL |

管理人さんのお仕事は、製造だけでなく、小売、さらにブランドを持っているから強いのだと思います。やはり、エンドユーザーに近ければ近いほど商売が楽になります。

うちも早くヒット作・ブランドを作らねばと思っているのですが、この不況はピンチでもあり、チャンスでもあると考えています。

| 友人N | 2009/07/17 01:31 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

<Nさん
すんません!コメント投稿に気が付かず・・・返信が遅れて;;
以後気をつけます^^;

> 管理人さんのお仕事は、製造だけでなく、小売、さらにブランドを持っているから強いのだと思います。やはり、エンドユーザーに近ければ近いほど商売が楽になります。

Nさん、今のご時世”小売”の影響力がどんどん強くなっていると思いませんか?
メーカーは作っても結局”売って貰う”ことが必要です。
卸も結局”売って貰う”わけです。

もちろん業種などによっては難しいものがあると思いますが、
メーカーがネットなどで直販の手段を得る事が非常に重要だと思っています。
色々話したい事があります^^またw

| shin | 2009/07/20 16:54 | URL |

まさに小売の影響力が強くなっていることを痛感します。私たちが売る機械の値段を決めるときも、「結局、エンドユーザーがいくらで買うの?」に行き着きます。

ネット直販というのは、うちの業界単体では考えにくいのですが、業界の垣根を越えたコラボレーションをすれば可能だと思います。厳しい時代ですが、大前研一氏が言うところの「ハイ・コンセプト」が必要であることを痛感します。また、いろいろお話しましょう。

| 友人N | 2009/07/21 00:18 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

PBもそうですが、販売価格、原価率ありきの設定だと、製造側は厳しいだろうなと。
販売量が増えたら増えたで、交渉力を持つのは小売。
で代わりに作ってくれる会社が沢山あるとなると・・・

”ネット直販” 
この言葉が地方、そして中小企業を助けるキーワードになると思っています^^

| shin | 2009/07/22 23:05 | URL |

ネット直販はどうしてもリスクが高いので、アマゾンの本みたいに単価の低いものやリスクの低いものであればいいのですが、たとえば住宅などはネットで売りようがないと思うのです。ヤフオクでは中古住宅が売れてるようですが、そんなこと、ヤフオクブランドにしかできないでしょうし。

うちの業界の機械にしても、何度も試作調整をしてお客さんに納得してもらったうえで納品できるものですから、とてもネット向きとはいえません。ネットを使うとすれば、人脈作りとか、面白いコラボ相手と組むとか、あるいはカリスマブロガーみたいになって知名度だけ売るとか、少し頭を使う必要がありそうです。

ちなみに、「生産技術」債権者説明会ですが、K新聞ではなく、読売新聞・富山新聞・KNBに下記の記事がありました。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20090722-OYT8T00128.htm
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20090722304.htm
http://www2.knb.ne.jp/news/20090720_20723.htm

| 友人N | 2009/07/23 13:54 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

ネット直販はほんと業種によりますよね。
対人ありき、ニーズを直接汲み取っての営業の場合は無理かもしれませんね。

Nさんの言うとおり、ネット直売というよりも
ネットを活用した顧客開拓等が可能かつ必要な時代 という感じですかね。

> ちなみに、「生産技術」債権者説明会ですが、K新聞ではなく、読売新聞・富山新聞・KNBに下記の記事がありました。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20090722-OYT8T00128.htm
http://www.toyama.hokkoku.co.jp/subpage/K20090722304.htm
http://www2.knb.ne.jp/news/20090720_20723.htm

情報源ありがとうございます^^v
自分も読売で見つけたニュースです。なぜ北日本新聞に出てないのか・・・謎です。

| shin | 2009/07/23 16:53 | URL |

その後

その後、D銀行さんとT銀行さんに話を聞きました。

T銀行さんは額が分からないのですが、D銀行さんは20億円融資していて、ほとんどが返ってこないでしょうとのことでした。

全国にCMを打っていて全国に販売網を持っているという説明を真に受け、その上粉飾決算とCMの本数にだまされたとのことでした。あれだけCMを打つほどの予算があるのだから大丈夫なのだろうという判断だったそうです。やっぱり、CMを打つのは金策の良い手段かもしれません。

| 友人N | 2009/08/05 13:58 | URL | ≫ EDIT

Re: その後

> その後、D銀行さんとT銀行さんに話を聞きました。
> T銀行さんは額が分からないのですが、D銀行さんは20億円融資していて、ほとんどが返ってこないでしょうとのことでした。

Nさんすごい、こんなネタ聞けるんですね^^;
20億デフォルト・・・業績にも大きく影響が及ぶ金額ですね。
株主にどう説明するか聞いてみたいものです。

> 全国にCMを打っていて全国に販売網を持っているという説明を真に受け、その上粉飾決算とCMの本数にだまされたとのことでした。あれだけCMを打つほどの予算があるのだから大丈夫なのだろうという判断だったそうです。やっぱり、CMを打つのは金策の良い手段かもしれません。

この方法で何度も融資を受け、複数行から融資を受けられちゃうんですね。
ある意味、数字では無く人間味ある融資システムが残っているという事でしょうか^^;

D銀行は自分のローンもあるので、金利に影響するようなネガティブ情報は避けてもらいたいです^^

| shin | 2009/08/05 22:42 | URL |

D銀行さんですが、20億円は前年度の黒字相当分なので、今年度は赤字になるかもしれないと言っていました。かつてない大失敗と言っていました。はたしてWEBに載せていい情報なのか迷いましたが、いちおうイニシャルということで、よしと考えています^^;

ただ、それで金利云々という話はありませんでした。私の会社もいくぶんかは融資を受けているので、気になっていろいろ聞いてみたのでした。

T銀行さんとD銀行さんは主要取引銀行で、メインバンクはD銀行さんです。よく担当者が雑談に来るので、私がよく話し相手になってあげています。

| 友人N | 2009/08/07 08:52 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://toyamakeizai.blog47.fc2.com/tb.php/47-590dca83

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。